子どもの習い事の始め方

未就学児の頃から幼児教育を始めると良い!

>

習い事の選択や開始の際に注意すべき点とは

習い事を始める際の注意点

スタートから楽しめる習い事と、積み重ねる事によって結果が得られるような習い事など、習う内容によって効果は様々ですよね。

最初のお子さんの反応だけを見て、すぐにやるやらないの判断をしてしまうのは危険です。
楽器などの習い事は、最初から上手にはできません。
それでも、練習を重ねることで上手にできるようになっていきます。
このように、積み重ねていくことが大切だと気付かせてあげられるのも、習い事の良さです。

大切なのは、子どもに負担になることなく、上達していくことの楽しさを上手にサポートしながら教えていくことではないでしょうか。
サポートをしてもなお、その習い事が不向きだと判断した場合には、別の習い事に変えてみるなど、柔軟に対応してあげることも親の役目とも言えそうです。

メリットとデメリット

習い事をするメリットといえば、何といっても新しいことを都度学ぶことが出来るという事です。
親がしてあげられることには限界がありますよね。
お子さんの興味の範囲を広げてくれるのが習い事です。
習い事をする事で、学校以外のお友達が出来たりすることもあるので、学校の中だけの世界に留まることなく、幅広い価値観を持つことができるかもしれません。

ただ、デメリットとしては、習い事というのは相応にお金のかかるものでもあります。
なんでもかんでも手を出してしまうと、習い事貧乏になってしまう可能性がありますので、月々の費用として習い事にいくら使うのかはある程度決めておいた方が良さそうです。

また、幼児期の習い事には送迎がつきものです。
送迎に追われて、家族の時間を削る事になる可能性もあるので、家族内でもしっかりと相談して、始めることがとても大切です。